ベビーシッターになるには

女性の社会進出、大気ぞ同問題などで、ベビーシッターの需要は年々増えているのが現状です。

ベビーシッターとは依頼者の教育方針にそった保育を保護者に変わってすることで、
助けを必要としている保護者のサポートをします。

子どものお世話だけでなく、掃除、洗濯、食事の支度、買い物などの家事を依頼されることもあり、家庭の中のことに関して大きな役割のある仕事です。

子どもの安全を常に意識し、保護者の代わりとなって愛情を持って保育することは神経をつかう大変な仕事とも言えますが、子どもが自分に対して心を開いてくれた時、
依頼者である保護者からの感謝の気持ちの言葉がもらえた時、信頼関係が築けたときなど、その喜びはとても大きいもので、やりがいのある仕事と言えます。

ベビーシッターになるには、国家資格はありません。民間資格はありますが、これがなくてもベビーシッターは務まります。

しかし、きちんとした専門的な勉強や実務体験など資格を取ることで仕事の幅が広がり、雇われやすい状況になります。

ベビーシッターは、午前だけ、午後だけ、週末のみなど自由な働き方が出来るのも良い点です。

ですから、自分の家庭での家事や育児と両立しやすい仕事でもあります。

そして、育児経験がある方はその経験を生かして仕事に臨めるというメリットもあります。子どもを預かっている、命を預かっているという意識を忘れずにしっかりと任務を果たすことが必要な仕事であり、今後益々需要が増えていくと見込まれている仕事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *