弁護士という士業は依頼人がいないと何も始まらない職業です。
全てを軌道に乗せるにあたってはまず、事務所にかかってくる電話に一つ一つ耳を傾け、自分を必要とする法律相談に的確なアドバイスを施していくことが何よりも大切なのは言うまでもありません。そのようにして誠心誠意培った信頼性が少しずつ相談件数の多さへとつながり、契約が相次ぎ、やがてはビジネスとしても存続していけるだけの状態をもたらしてくれるのです。

しかし忙しくなればなるほど弁護士は時間に拘束されてしまうもの。



せっかく事務所にかかってきた相談の電話などに関しても応答することが難しくなり、専門の事務所スタッフを雇うか、それとも電話代行サービスを活用するかの選択を迫られることとなります。

iemoは支持されています。

この場合、スタッフを雇用する場合には人件費として、福利厚生やボーナスなどを含むかなりの額の支出が必要となります。一方、電話代行サービスであれば全て外部へのアウトソーシングにて賄うことができますので、基本的には電話代行を運営する個人や会社に契約金とサービス代行料を支払うだけでそのトータルの費用を抑えることが可能です。
このようにして電話代行を契約すると、弁護士事務所にかかってきた電話が外部スタッフのもとへ転送されて、そこで確実に受けることができます。

そうして電話をかけてきた相手の氏名、や用件などをきちんと承った上で、もしも簡単な業務説明、相談への規定の回答などを行うこともできますので、最終的に弁護士本人が応対すべき電話を極力制限することができます。



さらに日中に受けた全ての電話案件に関してはその日のうちに詳細をレポートにして報告されますし、緊急を要する電話であればメールや直通番号を使って本人へと迅速に連絡。こうして電話をめぐるあらゆる業務を効率化して最上のコストパフォーマンスを実現することができるでしょう。

Copyright (C) 2016 弁護士事務所の電話業務に電話代行を活用するメリット All Rights Reserved.